ワーホリの仕事を辞める時【理由や辞め方】

ワーホリ・留学
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

こんにちは。sayokoです。

ワーホリの仕事辞めたいです。

どうやって辞めればいいの?

ワーホリの仕事環境は千差万別。最悪な職場もあれば最高な職場もあります。

オーストラリア・シドニーにワーホリで9ヶ月間滞在していたわたしですが、最悪な職場環境・最高な職場環境と色々と経験してきました。

この記事では、わたしのバイト体験談と仕事を辞めたい理由や辞め方について書いていきます!

わたしのオーストラリアでのバイト体験談

バリスタが働いている写真

ローカルカフェ

1番長く働いて、メインの収入源だったローカルカフェ。

渡航後3週間後から働き出した場所で、たくさんの思い出があります。オーストラリアといえばこのカフェといったぐらい思い出深いです。

南米、アジア、ヨーロッパと本当に多国籍の環境で、日々新しい発見がありました。

とにかく環境が良く、時給も最低賃金だったので◎

しかし、7ヶ月働いて、お店が潰れることに。。

残りのビザの期限も少なかったわたしは、仕事も探しましたが、見つからず、結局オーストラリアを去ることを決めました。

ジャパレス①

ローカルカフェの仕事は良かったのですが、シフトが週に3~4日なので、掛け持ちで始めました。

日本人経営、スタッフ全員日本人。

たまたま知り合った日本人に紹介してもらいました。

初めてのキッチンをしてみましたが、本当に体力的にもきついし、数名の先輩は文句言ってくるし、とまあまあの環境でした。

時給は$16、ただし遠いのと、1日のシフトが3時間ぐらいで稼げないということもあり、2週間で辞めました。

ジャパレス②

ローカルカフェが潰れた後に繋ぎで働き出したジャパレス。

求人サイトで見つけました。

時給は$15で、3ヶ月働かなかったら$200引きという意味不明なシステム。

ジャパレス①同様、数名の日本人スタッフとの関係性がしんどかったのと、1回あたりのシフトが短かくしんどい割に稼げないので2週間で退職。

ジャパレスは給料低いし、人も良いわけでもないし、日本人だけだし、オーストラリアまで来て何しているんだろうという感覚に陥ってしまうので、わたしには向いていない環境でした。

トルコ料理屋さん

カフェで働きながら、掛け持ちという形で始めました。

レジュメを配っていたら見つけたお店。オーナーはイラン人、イラク人、トルコ人。

スタッフはアジアがメインでした。

オーナーがとにかく感じが悪く、常に注意される状況で、日本人を見下している感じもあり、給料がきちんと支払われるのかも不安な状況。

変に問題を起こしたくないので、2日間働いてそのままフェードアウトしました。

仕事を辞める理由

ビーグルが寝ている写真

仕事を辞めたい理由はたくさんありますよね。

主観ですが、日本でバイトするよりも、オーストラリアの方が最悪なバイト環境が多いです。

特にジャパレスは何かしら問題があると思って大丈夫でしょう。

  • 給料が安い。最低賃金以下
  • 人間関係が良くない
  • 日本語環境が嫌
  • 休みが取れない

仕事の辞め方

パソコンと?マーク

日本のように1ヶ月前に申告の必要はなく、1週間前に辞めると伝えればOKです。

ワーホリは自由に働けるビザなので、特にジャパレスは、人の入れ替わりはとにかく激しいです。

そういったこともあるからか、わたしが働いていたジャパレスは二ヶ所とも面接時に最低勤務期間を伝えられました。(3ヶ月間)

ですが、そんなことは無視して辞めても特に何か言われることはありません。

給料は減らされますが(笑)

お店側も辞めると言われても、止めたりということはなく、あっさり「OK、特に期待していないから」と言った感じで慣れています。

辛い環境なら仕事をすぐに辞めるべきだと思います。

人不足で申し訳ないといった感情もあると思いますが、その仕事が違法賃金なら、違法賃金で経営しているお店が悪いのです。

また、日本人だからこそ、給料取りに行きずらいなんて気持ちがあるかもしれませんが、気にせず取りに行きましょう。

日本では無く海外にいるので、そのお店の関係者と二度と会うことはありませんので気にしなくてOKです。

まとめ:ワーホリの仕事はいつでも辞めてよし

せっかく大きな決断をしてワーホリに来たのに、嫌な環境で働き続けるのは辛いですよね。

海外にいるのだから、日本人の謙虚らしさは捨てて、すぐに仕事を辞めれば良いと思います。

本当にお金に困れば、また環境のよくない仕事先になるかもしれませんが、探せばなんだって仕事は見つかります!

貴重なワーホリ生活を悔い無く過ごせるように!


コメント

タイトルとURLをコピーしました